3月4日、鹿児島大学国際島嶼教育研究センターのシンポジウムでお話します。

島々とアジア・太平洋戦争
―記憶の継承・保存・活用を中心に―


日時:2018年3月4日(日)13:00~17:30
会場:鹿児島大学総合教育研究棟 203号室
主催:鹿児島大学国際島嶼教育研究センター

プログラム:
12:30 開場・受付
13:00 開会・趣旨説明
13:05 「済州島の日本軍の戦跡地と住民の戦争記憶
            ―Alddreu 飛行場を中心に」
   趙誠倫(鹿児島大学国際島嶼教育研究センター・済州大学校)
13:45 「硫黄島民(東京都)の戦争体験とその記憶
        ―強制疎開、地上戦動員、故郷喪失」
   石原俊(明治学院大学社会学部)
14:25 休憩
14:40 「奄美大島 瀬戸内町の戦争遺跡について」
   鼎丈太郎(瀬戸内町教育委員会)
15:20 「戦争の<記憶>を未来につなぐ」
   佐藤宏之(鹿児島大学教育学部)
16:00 コメンテーターによるコメント
   西村明(東京大学文学部)
16:30 総合討論
17:30 閉会
島嶼研シンポジウム(趣旨説明・広報用資料%E-001.jpg
島嶼研シンポジウム ポスター-min.jpg


posted by 出水市戦争遺跡等保存活用プロジェクト 事務局 at 13:00Comment(0)お知らせ